携帯転売

携帯転売・MNP案件の注意点など・・について

更新日:

 

 

こんにちは(*'▽')ノ”

今日は、聞いたことがない方もいるかもしれませんが・・

携帯転売について書こうかなと思います。

 

と言いますのも、私の本業は某携帯キャリア関連です…笑

なので、そこでしか分からない話なんかも、

言い過ぎない程度に書けたならーと常々思ってはいたのですが、

このブログのメインはせどり・転売についてなので、なかなか書けることなくここまできてしまいました…

 

ですが、せどり・転売って、結局のところ『資金力』が大事です。

その資金を作るために、携帯の転売を斡旋(私から見たら)やコンサルしている情報発信者の方や、

コミュニティを最近よく目にするので、大切なことや注意点をちょっとお話できたらなと思います。

 

正直、お金にはなります。

本気でやったら1か月で100万円とかも余裕で稼げます。

けど、そこにはちゃんと、『何らかの犠牲』が出てきます(-"-)

(詳しくは後ほど‥)

 

その前に携帯契約にはもろもろ面倒な決まりがあります↓↓

・携帯の契約は1名義(1契約者)につき5回線(携帯電話番号5個)まで。

・だけど、使用者としては2回線まで。なので、5台契約の場合、最低でも使用者として3人の名前が必要。(例)本人×2、親×2、子供×1など。

・使用者は、docomo、ソフトバンクは三親等以内。auは誰でもオッケー。

・純新規(新しい携帯電話番号)での契約は1度の契約で2回線まで。

・MNP(のりかえ)の場合は5回線までオッケー。

などの規制が各社ありますので、そこをは抑えていただいたうえで

この先を読んでくだされば、と思います^^

 

実際どれくらい稼げるの??

 

では、少し例をあげていきますね。

例えば、1台でどの程度稼げるかと言いますと・・

 

(例)※金額はだいたい相場に合わせてますが、参考程度に…

ドコモ→ソフトバンクのiPhone8、64GBにMNP(乗り換え)した場合。だいたいもう本体は一括0円がほとんどなので…

・iPhone8 64GB売却=45000円 

(即SIMロック解除して売却した場合=55000円)

・各店舗の施策(のりかえ特典)20000円~50000円

 

何も後先考えなければ、1台でも10万円とか稼げます。

この各店舗の特典が1番良いのは、全国ほぼどこでもある家電量販店で言えばヤマダ電機ですね。

ヨドバシカメラとビッグカメラも捨てがたいですが、地域差もあるかと思います…

 

ちなみに各店舖特典はだいたいこんな感じ↓↓

・ヤマダ電機→即日UCギフト商品券(買取率、85%~95%)

・エディオン→エディオンポイント

・ケーズデンキ→2~3か月後、JCBギフト商品券(買取率、90%~97%)

・イオン→ワオンポイント

・各携帯キャリアショップ→基本特典は現金だけれど、家電量販店よりは20000円程度施策が劣る。

 

即金性が圧倒的に高いのが、ヤマダ電機です。

せどり・転売にその資金を使う方は、家電量販店のポイントでもいいかもしれませんね♪

後は、契約回線数を増やせば、増やした分稼げます。

単純に、5台契約で50万。10台契約で100万です。

(これでも、一時前よりは少ない方です・・)

 

更に言えば、LINEモバイル→ソフトバンク→au→docomoというように

乗り換え続ければその都度稼ぐこともできるわけです・・

スポンサーリンク

ただただ、おいしい思いが出来るわけではない

 

それでも私がオススメしないのは、

がっつり稼ごうと思ったら『家族の名前を使う』しかないところです。

 

私の感覚だと、実際に5台契約となっても、何事もなく契約できる方ってだいたい60%程度です。

 

条件として…

・運転免許証所持。無ければ社会保険証所持。

・月々のお支払い方法が、契約者名義のクレジットカード。

 

どこにも明記されてはおりませんが、これがまず最低条件となってきます。

 

この条件をクリアできない場合に『家族』を使うしかないんですよね。

審査に通らなかったから、奥様の名前を使う。子供の名前を使う。親の名前を使う。

 

これが、後々恐ろしいことになります。

 

目の前に大きな特典=現金があると、

あまり深く考えず契約しちゃう方もいます。

奥様や親なんかはもう大人ですから、落とし穴があっても

自分の責任は自分で取りましょうって話なんですけど・・

 

「子供の名前をつかう。」

早いと13歳以上で契約できますからね!

これが結構、嫌いです(笑)

 

 

※月々の携帯料金を仮に2か月滞納しました、の場合。

そのお子さんは、約2年、自分名義で携帯電話を契約できない可能性が高いです。

出来ても『要審査』の区分に入ります。

 

※強制解約になった場合。

完済後から完全に2年間は自分名義で契約出来ません。

 

※その支払いに、もし割賦契約(携帯や付属品の分割)が組まれていた場合。

その子は完済から5年~8年、クレジットカードが作れません。

 

※契約した携帯を短期解約をした場合。

docomo、ソフトバンクは、1年未満の短期解約の場合、その後2年は自分名義で契約出来ません。

auは、審査が激アマなので、1回目はセーフって意見が多いですが、2回目はアウトです。

スポンサーリンク


携帯キャリアの人間は、そこまで詳しく説明しません・・

そもそも、不正契約しないさせないって謳ってますし、

それどころか、知識としてそれを知らないスタッフがほとんどです。

 

 

 

一時のお金が欲しい方が、そういったデメリット面をきちんと管理できる確率ってすごく低いです。

あと、実際に参加したことがないので分かりませんが、

情報発信者の方やコミュニティ運営の方がそのあたりまで

把握したうえで「携帯転売」を勧めているのかも、分かりません・・(>_<)

 

買って売って終了!じゃないのが

「携帯転売」の落とし穴です^^

携帯回線増やせば、使用料だって増えます(笑)

契約がある=解約金も付きまといます(笑)

(10回線契約して維持費がつらくて5台解約したい=解約金5万)

なので、くれぐれもそのあたりは気を付けてくださいね!

 

そういえば、携帯転売してるお客さんで、

職業が警察官・ファイナンシャルプランナーの有資格者の方がいたなぁ・・

日本も末期だなぁって思った記憶が(;'∀')笑

 

なんだかんだで長くなっちゃいましたね!

 

今後また携帯転売のことは書くかもしれません^^

あっ、本職ですのでお気軽にご質問は受付しております(笑)

 

 

では、今日はこのへんで!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

-携帯転売

Copyright© 副業なう。 , 2020 All Rights Reserved.