せどり

Amazon・メーカーから恐怖の警告!対処法は??

更新日:

 

 

こんにちは(*'▽')ノ”

今回はへルビせどりをしていく上で

避けては通れないであろう商標権侵害による

Amazonやメーカーからの警告に対しての対処方法を書いていきますね!

 

もちろん、警告が来ることが分かっていれば

他販路での販売を視野に入れたり、売り方を考えた上で仕入れをするでしょうから良いのですが

うっかり知らずに出品することもあるでしょう・・

 

いざ警告が来ても慌てふためかず

きちんと対処すれば問題ありませんので

良ければ読んでみて下さい^^

 

警告には2パターンある

 

警告に関しては

・Amazonを通して

・メーカーから直接

の2パターンあります・・(;'∀')

 

どちらにしても具体的にやることは以下になります。

・商品の出品を取りやめる

・商品の返送を行う

・該当SKUを削除する

・謝罪のメールを送る

 

では、具体的に少し解説しておきましょう^^

 

メーカーから直接警告が来た場合

 

メーカーから直接警告がきた場合には

内々で話が終わるのでAmazonを通して警告されるより良心的ですね・・

 

この場合はなるべく早めに出品を取り消し、

メーカー当てに

・商品の出品を取りやめたこと

・もう二度と出品しないという趣旨の

謝罪メールを送るようにします。

 

Amazonから警告が来た場合

 

Amazonからきた場合には

メーカーからAmazonへ直接クレームが入っています(;'∀')

 

Amazonからの警告の場合にはすでに商品は

強制的に出品停止となっていますので、そこは省略・・

 

Amazonからのメールに申し立て側(メーカー)のアドレスが記載されている場合は直接そちらの方に謝罪メールを入れます!

 

先ほどの

・商品の出品を取りやめたこと

・もう二度と出品しないという謝罪に加え、

商標権侵害の申し立てを取り下げてもらうことを伝え、

取り下げた趣旨を

Amazon宛(notice-disupte@amazon.co.jp宛)に伝えてもらうようお願いをします。

 

もし、アドレス等が載っていなければ

出品取りやめ・返送・SKU削除で大丈夫です^^

 

 

Amazonからきたパターンの方がちと厄介ですね・・

 
スポンサーリンク

ダメ、ゼッタイ

 

だいたい予測はつくと思うんですが

絶対やっちゃダメなのは

警告フル無視・継続販売です(*´Д`)

 

ほぼ確実にアカウント停止・閉鎖

最悪メーカーからの法的措置もあり得ますので

重々お気を付けください・・

って、そんな人いないか・・(;'∀')

 

 

実際は警告後もこっそりメーカーの目を盗んで

販売できちゃったりするパターンもあったりはしますが・・

それはまたの機会で書くことがあればみてください^^

 

では!最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

-せどり

Copyright© 副業なう。 , 2020 All Rights Reserved.